便利に使える貸倉庫やトランクルーム|ビジネススムーズ楽々荷物保管

倉庫の内側

安全に利用する

物流倉庫における安全

作業員たち

物流倉庫における労働は、一見単純作業であり簡単に捉えられがちですが、実は常に危険と隣り合わせの作業です。その為、労働者が安全について甘い認識で作業を行っていると、すぐに労働事故の発生を招いてしまいます。従い、物流倉庫の管理者は常日頃から労働者に対して安全教育を行い、常に安全について改善ポイントを探しだし、PDCAサイクルを回す必要があります。では、実際に物流倉庫のどのような面が危険なのでしょうか。例えば、フォークリフトなど荷役機器の取り扱いが第一に挙げられます。免許保持者がルールに従って利用する事で安全に作業を行えます。また、高層ラックでの作業では、転落防止用命綱などを付けずに作業すると、誤って足を踏み外した際などには大事故に繋がります。

出入り業者への安全協力依頼

また、物流倉庫における安全については、その物流倉庫の従業員だけが安全事項を順守していては完璧にはなりません。物流倉庫には日々多くのトラックや出入り業者が訪れており、彼らに対しても、最低限度の安全事項を順守してもらう必要があります。その為には、トラックが入庫する際にセキュリティゲートにおいて運転手に対し安全活動への協力依頼のリーフレットを配るなどし、協力を仰ぐことが必要です。また、万が一非協力的な運転手や出入り業者があった場合には、厳しく対応することが必要です。安全事項において、ちょっとだけ、今回だけは、といった隙を見せると、それが大事故を招くのです。外部業者へ毅然と安全協力を求めることで、ひいては社内に対しての安全意識の引き締めに繋がるのです。